fc2ブログ
こんにちは。ベビーピンクです。

  前回のブログは
こちら

皆さんは、中学校の頃、世界地図や国旗をみて、
世界には、こんなに様々なデザインの国旗があるんだ!と
感じた事はありませんか?

私は、そんなに地理の成績が良かったわけではありませんが、
国旗を見る事は、好きでした。

国旗には、シンプルなデザインの中に、
それぞれの国の思いや希望が込められています。

また、時には、悲しい歴史まで刻まれています。

例えば、フランスの国旗 は、かの有名な 
」「」「」のトリコロール(三色配色)ですが、
それぞれの色には、意味があります。



は王家の色」を表し
はパリ市民の紋章の色」を意味し、
王家と市民が和解をしたフランス革命を意味しています。

国旗には、「自由」「平等」「博愛」の意味も
込められていると言われています。

フランスと同じでも中国は、共産主義を表した
イタリアのは、愛国者の血。熱血。
スペインの国旗に使われたは、
国を守る為に流された血を意味しています。



また、黄色は、豊かな資源を表す事があり、
ボリビアの国旗では、「」が流された血。
黄色」豊かな資源。
」は、豊かな森林資源を表しているようですよ。

世界には、同じ「」でも宗教を表している場合もありますし、
紛争が絶えない国は、自由や平和を願って
「緑の色」を使っている国もあります。

国によって、国旗の意味は、様々です。
国旗の色を知ることは、その国を知ること!なんですね。

さて、私たちの住んでいる日本の国旗。
あの日の丸の赤や白い色には、
どんな意味が込められているのでしょうか?



この夏は、ぜひ夏休みの自由研究として。
また、お子様と一緒に調べてみてはいかがですか?